スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

小淵沢・井筒屋のうなぎ 

年末年始旅行の記事を書く前に、1つ小淵沢でコレ、紹介しておかないとね。

井づつや

うなぎの老舗、井筒屋さん
格子の美しい古民家に鮮やかなのれんがセンスいいねー!

いづつや2

ほー、産地表示。
ブナパパ、食べてみてどこの産地かわかる自信は全くないし、
よーするに美味しければいいんだけど
産地に興味はあるし、正直な表示は好感が持てます。

ちなみに、予約は毎日20組程度で、あとは順番待ちになります。
我々は運良く前日に予約できましたが
繁忙期には早めの予約がオススメです。

いづつや.3JPG

うな箱 一のうというメニュー。よーするにうな重です。2000円。
焼きの香ばしさよりもむしろうなぎの身自体のやわらかさ、美味しさを味わえます。
うなぎの脂を落とし過ぎていないのでその美味しさが身の中に凝縮されて、美味!

いづつや

こちらはブナママが注文のうな箱 一のうです。
「上のメニュー名と同じじゃん!」
そうそう、おなじ一のうで蒲焼と白焼きが選べるんです。

こちらはわさびとネギであっさりと食べたい人向き。
ブナママお気に入りでした。

いづつや4

こちらに置いてある醤油は秋田県角館の安藤醸造元のもの。
安藤醸造元と言えば何度か角館のお店に伺ったことがあるのですが
そのころはカメラを持っていませんで画像をアップできないのがザンネン!

井筒屋HP
スポンサーサイト
[ 2010/01/03 ] 山梨県の旅と食 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://bunamomiji.blog73.fc2.com/tb.php/978-c57f0b6c





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。