スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ひょうたんから駒つなぎの桜 

先週末、GWの初め、国道153号線をドライブしようと
まずは伊勢湾岸道方面から東海北陸道を北上して、豊田勘八ICで降りて・・・
と考えながら運転しているうちにいつの間にか勘八ICを通り過ぎていました。

「このまま中央道で飯田まで行って153号線を南下しよう!」

とのブナママの提案、となると一旦中津川で降りてピエニュさんに寄って

komatunagi9.jpg
(↑ちなみにコレは以前の写真で、愛機CANONのカノンちゃんで撮影、
この下の画像は全てi-phoneでの撮影です。)

うーん、いろいろ買ってもハズレなくウマイ!・・・って以前にも書いたっけ?

再び中央道、恵那山トンネル抜けて園原ICで降ります、となると

「そーいえば”駒つなぎの桜”がここから近いんじゃなかったか?」

と思った通り”駒つなぎの桜→”という看板があちこちに。

カーナビを使うまでもなく看板に従って行くと、駐車場は満車に近い。

つことはきっとネット情報を調べる程でもなく見頃なんでしょうな。

駐車場から坂道を20分程歩くと

komatunagi1.jpg

バッチリ見頃ではないですか。
(ホントは手前の田に水が張ってあって、そこに映る姿もまた美しいとのことですが
今年は樹の保護のため水は張ってないそうです。桜は腐りやすいからねえ)

毎年4月中旬頃、桜を見に153号線沿いから飯田辺りに出掛けることが多いのですが
その時期はこの桜はまだつぼみかチラホラか、というところ。

今回嬉しいハプニングで初めて満開を見られました。これぞひょうたんから駒?

komatunagi3.jpg

角度を変えて見るとまた違った風情ですな。

ちなみに源義経が奥州に下る際に馬をつないだというのが命名の由来だそうですが
そうなると1000年近い樹齢か?と思いきや、
その桜はもう枯れてしまって、今あるのは孫木とのこと。樹齢400年程度。

komatunagi4.jpg

ググッとアップにしてみると
古木は花だけでなく、幹を見てもまた趣深いものです。

komatunagi5.jpg

しめじはDSを使って撮影中。

帰りの下り坂でしめじが
「下りの方がラクでいいなあ」
と聞いて、やはりスキーヤーの血を引いているのか?と思ったブナパパ。

ちなみにブナママは上りが得意で下りが苦手。
はりたけは?

「どっちもイヤ!」

・・・素直でよろしい。

駒つなぎの桜昼神温泉観光局HP
スポンサーサイト
[ 2014/05/01 ] 長野県の旅と食 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://bunamomiji.blog73.fc2.com/tb.php/1578-30a4df0d





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。