スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

野沢温泉注入! 

野沢温泉には観光客にも開放された外湯が多いのですが
そのなかでもシンボルと言える大湯。
その男湯の湯船です。

ooyu20133.jpg

この日も結構混みあっていたのですが
この角度から写すと空いているように見えますね。
写真手前には結構人がいたのですが男湯とはいえヌードなので写すわけにもいきません。

実は写真奥の湯はこの日多分46℃くらいだったでしょうか?
ほとんどの人が足を入れてみて「熱っ!!」と言って入らないのです。

上の写真を見ても、奥は人が入らないので湯の表面が平らだけど
手前は波うってるのがわかるでしょう。

ちなみに手前の湯も44℃くらいかな。
観光客は短時間入って早々に引きあげて行きます。

以前48℃の湯に入った(→こちらの記事)ブナパパは
46℃くらいは平気。
空いている奥の湯を堪能することができました。

とはいっても・・・
野沢温泉の外湯は一般観光客にはちょいと熱すぎますな。
その中では熊の手洗湯とか少しぬるいのはあるけどね。
出来るだけ源泉100%を守るには仕方ないのかな。
加水は出来るだけしたくないし、熱交換器など使うとコストがかかるしね

↓以下ちょいと若い女性とかには刺激が強すぎるかと思い、畳みます。 ooyu20132.jpg

長野県の温泉は比較的温泉分析書がしっかり掲示されてることが多いけど
こちらの温泉分析書に”膣潅入療法適応症”という項目がありました。

膣潅入療法とは何だ???
ググッても出てこないなあ。
温泉水を女性の・・・・に注入するのか?

ある種の不妊症に適応と書いてあるけど
10年子供が出来なくて悩んだブナ夫妻も、これを試してみればよかったのか?
んでもブナママ嫌がるだろうなあ(^^;)
スポンサーサイト
[ 2013/06/07 ] 長野県の旅と食 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://bunamomiji.blog73.fc2.com/tb.php/1493-e5630ef4





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。