スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

冬の青 

飛騨高山・三之町の古い町並みの中の土産物店のさらに奥、
ブナママの大好きなcafe青さんへ

ao2.jpg

冬の季節限定飛騨リンゴのクランブルとセットの紅茶

上から撮ってるので写真ではわかりませんが
一番下の層は焼きリンゴかな。その上のクランブル生地、さらにアイスクリーム。
さらに上にリンゴチップが乗ってますね。
このリンゴチップがしめじに大好評でした。
アツアツの焼きリンゴにアイスクリームが溶けてゆくのを食べるのが醍醐味で、
クランブル生地のサクサク感がいいアクセントになっています。
ブナパパにはちょいと甘すぎましたが。

紅茶は日本産のものとのことで、渋みが少なく良い香りが楽しめました。

ao4.jpg

内装は上品で、飾りもそれに合わせて上品にうまくまとまっています。

ao3.jpg

地ビール1000円があったので注文してみましたが
こりゃ缶で出てきた時点で”頼んで失敗したかな”と思いました。
グラスに注ぐとこの泡、見た目にゃキレイなのですが、
実はビールの場合、この底や側面についた泡が雑味を生み出すのです。

グラスをよく洗った積りでもごく僅かに残った油膜がこの泡をつくります。
ビールを美味しく飲むには洗剤で徹底的に洗って徹底的にゆすぐことが肝要ですね。

それでも観光客でごった返しの三之町の町並みの中で
ゆったりとくつろげるこのスペースがブナママのお気に入りというのはわかりますね。

cafe青お店のブログ
スポンサーサイト
[ 2013/01/03 ] 岐阜県の旅と食 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://bunamomiji.blog73.fc2.com/tb.php/1439-d0b83472





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。