スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

フォリオリーナ・デッラ・ポルタ・フォルトゥーナ(4) 

kobayashi4.jpg

この肉は出てきたときには鴨かと思ったら、シェフの説明によると小鳩でしたかな?

そして何の味かは思い出せないけど(^^;)複雑で深い味のソース。

口に含むと思わず目を閉じて意識が宇宙の彼方へ遠のくようです。
そして飲みこむと意識が戻ってきまして、余韻とともに幸せな気持ちに満たされます。

そういえば小林シェフといえば・・・
30代前半の頃、イタリアでサヴァティーニ氏のレストランで料理長に抜擢され
その後お店の方針をめぐってそのサヴァティーニ氏と対立、
最後には
「ここは自分の店だから従ってもらわなければならない」
と言われてイタリアを去ったとのことが小林シェフ自身の著書に書かれてありました。
しかも、その続きに
”今考えるとサヴァティーニの言う通りで
もし自分の店で同じことがあったら自分もそういうだろう”
と書いてあったのが面白かったですね。
正直な人です。
(以上はブナパパが読んだ記憶をもとに細部は捨象しています)

ま、そんなシェフが奥様と二人だけで一人一組のレストランを開くのは
向いてるんでしょうね。

(まだ続きます)

フォリオリーナ・デッラ・ポルタ・フォルトゥーナ食べログ
スポンサーサイト
[ 2012/12/09 ] 長野県の旅と食 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://bunamomiji.blog73.fc2.com/tb.php/1428-f2597613





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。