スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

フォリオリーナ・デッラ・ポルタ・フォルトゥーナ(2) 

(↑未だに店名は憶わらず、コピーして貼り付けています^^;)

kobayashi2.jpg

上に乗っているのは鱈の白子にチーズがかぶせてあって、
バーナーで炙って焦げ目を付けてあるんでしょうね。

う、美味い・・・一皿目からノックアウトです。

下に敷いてあるのはジロール茸のソテー。
ジロール茸にこんなに豊かな風味があるとは初めて知りました。

実は料理を出してくれると同時に
小林シェフが作り方を初めから細かく解説してくれるのです。

「○○をミキサーにかけて・・・」
とか
「△△を少し茹でこぼして・・・」
とか
「□□を5㎜角に切って炒めてさらに同じく5㎜角に切った☆☆を・・・」

などなど。

恐らく来店客にはイタリアンのシェフや料理評論家なども多く
作り方を聞きたがる人が多いのでしょうね。
もしくはシェフの親切心からか?

ブナパパ・ブナママは「ふん、ふん、ふん」とただ頷きながら聞いていましたが
料理法を頭の中にイメージ出来たのは2、3割かな(^^;)

でも料理にかけるシェフのこだわりはバシバシ伝わって来ました。
「茹でる」だけでなく「茹でこぼす」ことが大事なんだろうな、とかとか・・・

フォリオリーナ・デッラ・ポルタ・フォルトゥーナ食べログ
スポンサーサイト
[ 2012/11/29 ] 長野県の旅と食 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://bunamomiji.blog73.fc2.com/tb.php/1425-f6cd96b6





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。