スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

長良川の天然鮎を食す! 

飛騨高山へはせせらぎ街道経由で行ったのですが、途中チョット寄り道。
東海北陸道、郡上八幡ICを通り越してぎふ大和ICで下りて・・・

杉ケ瀬ヤナで旬の鮎を食べましょう!

という案を出してブナママが反対するわけはなく(^^;)

杉が瀬1

こちらの鮎はヤナで獲れた天然ものだけをベテラン職人が炭火焼。

杉が瀬3

上の写真、手前は焼いた鮎に味噌が付いている”魚でん”というものですが
コリャ、却って鮎の風味を損ってるんではないか。
ま、バリエーションつけるのも大事だが、ならばせめて木の芽を添えるなり
もう一工夫必要だね。

んでも、肝腎の鮎はウマイ!
長良川の天然ものだけあって、やっぱり違うね。
口の中にら鮎しい香りがいっぱいに広がって幸せ~。

杉が瀬4

子供達が鮎を食べるかどうか心配して行ったのですが、全く杞憂。
もう目の色変えて豪快にむしゃぶりつきます。
よかった・・・でもあんまり食べると親の分がなくなるぜよ(^^;)

杉が瀬2

この鮎のフライもしめじ、はりたけ共大喜び。
これはセットの一部だけど単品で注文すると1匹1000円。
ガキンチョにはもったいない気も・・・

sugigase

セットの最後は鮎の炊き込みご飯または鮎雑炊。
上の写真は炊き込みご飯ですが
写真にはない雑炊のほうがオススメですね。

杉が瀬全景

んで、お店の真正面。これがヤナですな。

杉が瀬5

竹を編んだ部分に落ち込んだ鮎が真ん中の仕掛けに入って行くという構造らしい。

杉が瀬7

見てると、鮎が落ちてくるのが素手で捕えられて、子供達、大興奮!
ブナパパそのまま踊り食い!

というのは冗談で、もちろん全部放してあげましたよ。

杉ケ瀬ヤナHP
(期間は10月末まで、要予約です。お気をつけを)
スポンサーサイト
[ 2012/10/01 ] 岐阜県の旅と食 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://bunamomiji.blog73.fc2.com/tb.php/1403-4251309e





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。