スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

2013ブナ家のランドセルの選び方(2) 

ランドセル選びでブナパパが一番大事だと思うこと、それは・・・

日本の職人が一つ一つ、心を込めて作っている、ということ。

2012_08260007.jpg


海外製の大量生産品とは違い、細かい所に配慮が行き届きますし
実際の使用状況をリサーチして

「過去、こんなところに不具合が多いのでこう補強しよう」

とかそんな工夫が織り込まれているはずです。

そして製品に不具合や、また使いずらい部分が出ればそれは職人の恥。
原因を徹底的に洗い出し、対策をかけるはずです。
そんな日本の職人が何十年も積み重ねてきた技の上に現代のランドセルがあります。

バブルの頃、スキー板を東南アジアの国で生産していたメーカーがあったのですが
スキーをしたことがない人々が心をこめてスキー板を生産できるとは思えませんでした。

それと同じ、ランドセル文化のない国で作られたランドセルを
しめじやはりたけに背負わせて小学校に行かせる気にはなりません。

日本の職人が、その日本の将来を背負って立つ子供達のために丹精込めて作るランドセル。
その心意気をブナパパは信じています。
スポンサーサイト
[ 2012/08/27 ] ランドセル | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://bunamomiji.blog73.fc2.com/tb.php/1388-da09df36





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。