スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

竜馬がイクイク! 

ここのところ、司馬遼太郎竜馬がゆくを読んでいました。
5巻で2000ページくらいかな。先程読破。

ブナパパは図書館でハードカバーを借りたのですが
文春文庫から全8巻で出ているようですね(→こちら

ryoma.jpg
(↑これが竜馬がゆく・・・のはずはないが、大学生の時、思いっきり笑ったマンガ)

ブナパパ的には竜馬がゆこうがゆくまいがどーでもいいのですが
幕末史の中で触媒的役割を果たし、
その後忘れられた存在となっていた竜馬がこの小説により
英雄的人物と認識されるようになったとのことで
(大河ドラマで福山君が主役でしたね)
英雄伝説がどのように作られていくのか、という興味があったのです。

竜馬がゆく

で、読み終わって、成程、
この本を読めば竜馬が日本史上第一級の人物であったと思う人が多いでしょうね。

現今にも大阪や東京でまるで英雄であるかのように振舞っている政治家がおりますが
後世の歴史家にどのように評されるのでしょうか・・・
スポンサーサイト
[ 2012/05/25 ] つぶやき | TB(1) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://bunamomiji.blog73.fc2.com/tb.php/1353-7708c62c


まとめtyaiました【竜馬がイクイク!】

ここのところ、司馬遼太郎の竜馬がゆくを読んでいました。5巻で2000ページくらいかな。先程読破。(↑これが竜馬がゆく・・・のはずはないが、大学生の時、思いっきり笑ったマンガ)ブナパパ的には竜馬がゆこうがゆくまいがどーでもいいのですが幕末史の中で触媒的役...
[2012/05/26 05:54] URL まとめwoネタ速neo



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。