fc2ブログ








mさんへ・・・ 

以前私だけに読めるようにコメントを下さったmさん。
ちゃんとした返事が遅くなってしまいましたが、
今でもこのブログを読んで下さってるでしょうか。

mさんは不妊症に悩んでいるということで、コメントを抜粋すると

今に至るまでの10年ってブナしめじさんにとって
何だったんですか?
私はこの2年どん底で、いつも赤ちゃんのことを考えていて
この2年の意味が見出せません。


とのことでした。

おそらく重い内容だったので私だけに読める形でコメントくださったのでしょう。
ちなみにその時の私の返コメは

↑の方へ。
コメントありがとうございます!
ぜひコメントをお返ししたいと思うのですが、
(私がうまく答えられるかはわかりませんが)
ここに書こうとすると、他の読者さんにとっては質問内容がわからないので???となってしまうと思うのです。
多分質問内容が少し重い内容なので公開するのをためらったと思われますが
返信コメントの中で内容を公開してよければ私としてはコメントしやすいのですが差し支えないでしょうか?
あと、もしブログを持っているなら、読ませてもらえるとどんな方なのかわかってさらにコメントしやすいです。

尚「ブナしめじ」ではなく「ブナもみじ」です(^^;)
私自身はキノコ類大好きですが(笑)


最後の2行はちょっとmさんの気持ちがほぐれるかな、と思って書いた冗談ですが、
mさんが、からかわれたように感じられたとしたらごめんなさい。

ちょっとマジメに返事を書いてみます。

私にとってこの10年間は一言では言い表せません。
辛いことも楽しいこともたくさんありました。
特に妻と行ったたくさんの旅行は一生いい思い出として残るでしょう。

我が家の場合、結婚当初はまだ20代だったし、子作りにあまりあせってはいませんでした。
しかし、結婚して10年近くたっての2回目の流産の後は夫婦共だいぶ落ち込みました。

「この10年はなんだったのか」
という問いに対する本当の答は、多分もう少し年をとってからわかるのでしょうが、今は
「赤ちゃんを迎えるために自分達が成長するのに必要な時間」
だったと考えるのが私にとって一番自分を納得させることが出来ます。

私は読書も趣味の一つなので、不妊に関する本や雑誌類も結構読みました。
mさんの年齢や、夫婦関係、性格、どのような原因の不妊症なのか?等がわからないので
的確なアドバイスになるかどうかはわかりませんが・・・

不妊関係の雑誌などには、よく次のようなことが書いてあります。

将来mさんの子供として産まれてくる赤ちゃんは
空の上からmさんと旦那さんのことをずっと見守っています。
そして、自分がいつmさんの元へ下りて来ればよいのかタイミングを待っています。


こう考えると、
未来のママであるmさんがずっと赤ちゃんのことばかり考えてどん底な気分でいるのでは、
赤ちゃんにとって荷が重いし、
まだママの元に来るのは早いと考えてしまうような気がします。

もちろん不妊治療を続けるのは大切でしょう。
そしてこれまでの2年間、mさんはとても辛い思いをされてきたと思います。
ただ、いつも赤ちゃんのことだけを考えて沈んでいるのはかえって良くないのではいか?
と私は考えます。

治療を続けながらも、それ以外の時間は夫婦で楽しい時間を過ごしていた方が、
空から見ている赤ちゃんが
「早くママの元へ行って楽しく幸せな家庭に産まれて来たいな」
と思ってくれるのではないでしょうか。

mさんに良いことがあるよう心から祈っています。
スポンサーサイト



[ 2006/10/12 ] 未分類 | TB(0) | CM(2)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2006/10/21 ] [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2006/10/21 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://bunamomiji.blog73.fc2.com/tb.php/128-96f2dd4e