スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

古守宿 一作(6) 

朝焼けに染まっています。

建物4

古守宿 一作さんの縁側から眺められる南アルプス・甲斐駒ケ岳。

建物3

こちらがその縁側。

「私達は古民家巡りが趣味なんです」

というと、ご主人が

「そんな趣味があるのですか」

と驚いていました。

建物5

立派な梁組。

大きな鯉の絵は、防火の象徴でしょうか。

建物7

難点を挙げると、夜になるとこの家の中は暖房をしてあっても相当寒かったです。
(食事の時に暖房機の温度計を見ると10℃でした)

冬にお出掛けの方は防寒対策が必要です。

この宿の記事はこれで終わりますが、我々的には大満足でした。
できれば連泊してゆったりと過ごしたかったですね。

山菜やキノコの時期にもまた訪れたいですし、
夏の避暑にもいいのではないでしょうか。
(夏の料理は自家栽培の高原野菜がメインだそうです)

古守宿 一作食べログ
スポンサーサイト
[ 2011/01/17 ] 山梨県の旅と食 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://bunamomiji.blog73.fc2.com/tb.php/1156-1e77c527





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。