スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ル・カフェ・プランタニエ 

秋田県は横手市の十文字という場所にそのお店はあります。
以前にも十文字ラーメンのお店をご紹介しました→(こちら)が
そこからすぐ近くですね。

yokote2.jpg

駐車場から見た看板。大丈夫か?

yokote1.jpg

お店の外観。うーん、大丈夫か(^^;)
でもお店に足を踏み入れると

yokote4.jpg

こんなイイ感じの内装。
うん、これは大丈夫!

yokoteE.jpg

つわけで前菜。
グラスには僅かに火を通してから冷やしたという岩ガキと・・・
お店の方が
「何のジュレかわかりますか?」
(うーん、食べなれた風味だけど・・・)
「トマトです。」

言われて再度食べてみると確かにトマト。
色が赤くないと分からないものですねー。

ちなみに店内で供される水は名水100選の”力水”
まろやかでほんのりした甘みがあります。

yokote6.jpg

コーンポタージュ。
とうもろこしの風味が前面に出ていて美味。
東北で食べる野菜はいつも味というか、風味が濃厚です。

お店の方によると
「それは土が違うんだと思います」
とのこと。

ただしほとんどしめじとはりたけのお腹の中に直行。

yokoteB.jpg

このハマグリもよく太って、トマトソースも美味。
残ったソース、もったいない、というわけで
子供用スプーンで全部食べきってしまいました。

しかしそろそろ飽きて子供達がぐずり始めました。
そこで

yokoteC.jpg

お店が肉料理の前に子供達用にデザートを用意して下さいました。感謝!

yokoteD.jpg

さて肉料理。

これは希少な、ハンガリーのマンガリッツァ豚ではないですか。
ここで出会えるとは!

そういえば予約時に
「何か苦手なものはありますか?」
と聞かれてブナママが
「苦手ではないですができればメインの肉は牛肉でない方が・・・」
と言ったのを覚えていて用意して下さったのかな。感謝。

食べてみると、脂の風味が上品でクセがない。オイシイー!
お店の方
「少しイノシシに似てるでしょう」
確かに。でも赤身はイノシシより柔らかくて食べやすいですね。

yokoteF.jpg

デザート。
これも美味だがほとんどしめじとはりたけに。

yokote3.jpg

食後、コーヒーと紅茶を1つづつにしましたがどちらも美味でした。

以上のコースで5000円。内容を考えると安いですね。

最後になぜか
「コレ美味しいんですよ」
と福島県・柏屋の薄皮まんじゅう(→こちら)を配ってくれたのが面白かった。
お店の内装や料理のお味は本格的でも、
店員の様子は肩の力が抜けた心地よいサービスでGood!

食べてる途中、子供達がじっとしていられなかったので
一生懸命なだめていると、お店の方が
「子供が騒ぐのはは気にしないで下さい。お店の中は安全ですし、
子供ってのはそんなものです」

とのこと。

帰りにも子供達が騒いだこと謝ると、
「子供はこれくらい元気があった方がいいんです。
2、3歳の子供がじっと聞きわけ良く座ってるほうが気持ち悪いですよ。」


他のお客様にも
「お騒がせしてすみません」
と言って帰りましたが
「ゼンゼン気にしないで下さい」
とのことでした

お店にも、他のお客さんにもご迷惑をおかけしましたが
東北も北の方に行くに従って子供達に寛容な気がします。

しかしこのお店、秋田の横手という場所にありながらこのクオリティーの高い味。
普段お店に点数など付けていないですが、
このお店には5つ星★★★★★をあげたいです。

ル・カフェ・プランタニエHP
スポンサーサイト
[ 2010/08/24 ] 秋田県の旅と食 | TB(0) | CM(2)

いいいいいいお店ですねっ(ノ´▽`)ノ:*:。.:*
きゅーのバイト先も、そんなお店を目指したいですのぉ(@'ω'@)
そんな店員さんに、わたしは、なりたい。笑
[ 2010/08/27 ] [ 編集 ]

★きゅーさん★

ホントにいいお店だったよ!
小さい子供をいろんなお店に連れていくと
慣れてるお店とそうでないところとはっきり分かれるねー。

おー、雨ニモ負ケズをもじったな。
さすが現役学生!^^
[ 2010/08/30 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://bunamomiji.blog73.fc2.com/tb.php/1089-f2ccab93





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。