スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

初めてで、懐かしい。 

先日名古屋市内でたまたま通りかかった道で

ニシムラ外観

こんなケーキ屋さんを見つけて気になったのでテイクアウト。

ニシムラケーキ1

cake shop Nishimuraさん?

初めて聞く名前だ。と思ってネットで調べてみると

ニシムラケーキ3

ブナパパ・ブナママが結婚前に度々訪れたママンタルトさんが移転したそうですね。
知らなんだー。(←名古屋弁で”知らなかった”です。念のため)

ニシムラケーキ2

お味の方は今現在のブナパパのストライクど真ん中ではありませんでしたが
我々がケーキを選んでいる間にもひっきりなしにお客さんが訪れていたので、
”今でも皆に愛され続けてるんだ”
と思って嬉しい気持ちになりました。

cake shop NishimuraHP
スポンサーサイト
[ 2009/10/28 ] 愛知県の旅と食 | TB(0) | CM(0)

ル・コパン オープンカフェ 

さて信州乗鞍高原でパン屋さんといえば

ルコパン1

ル・コパンさんですね。

今回はル・コパン オープンカフェに伺いました。

ルコパン4

こちらでは石釜で焼いたピザが食べられます。

ルコパン2

自家製酵母とライ麦を使った生地がまた独特の味わいでウマいんです!

今回我々は信州きのこのピザM(10インチ・980円)を家族で分けました。
これだけでブナパパ・ブナママともお腹いっぱい。

ルコパン5

随分以前に伺ったときにはここには建物はなくて
屋外に椅子と机だけの中でピザを食べたものですが
ル・コパンさんはどんどん進化していきますねー。

こちらではパンも販売しています。
数あるパンの中から
しめじがクロワッサン(190円)を売っているのを見つけて、
「これー!これー!これが食べたい!!」
と猛烈にアピール。

なぜ?なぜ2歳にしてクロワッサンにそんなに情熱を燃やすの?

ルコパン3

で、買ってあげるとご機嫌でかぶりついていました。

たしかにここのクロワッサンはバターの風味と生地のサクサク感。
そして口に入れて噛みしめたときの味わいまでしゅばらしいからねー!。

ル・コパン オープンカフェHP
[ 2009/10/24 ] 長野県の旅と食 | TB(0) | CM(5)

乗鞍高原 せせらぎの湯 

下の記事で書いた通り、乗鞍高原の湯けむり館は大変な混雑が予想されたため
そこから歩いて数分、友人M’z君に紹介してもらった”せせらぎの湯”に出かけました。

せせらきの湯3「

こちらは入浴無料。
大人4人くらいでいっぱいな感じですが
知る人ぞ知る、という感じで空いていました。
透明な源泉が贅沢にかけ流しされていますが、空気に触れると白く濁り湯になるようです。
建物は屋外ですが屋根がかかっていて”半露天”という感じですかね。

この日は少しお湯がぬるかったです。
というわけでゆっくり浸かりましょ。

せせらぎの湯1

男湯には大きな岩がせまっていて景色はイマイチ。
上の写真の左側、壁の向こうは女湯なので
”窓”(?)の外からブナママに声をかけ、カメラを渡して

せせらぎの湯2

女湯からの景色も撮影してもらいました。
こちらの方が断然景色いいですね。

なんだか悔しい気もしますが、ま、レディーファーストということで(^^;)

せせらぎの湯紹介しているページ
※冬季閉鎖となりますのでご注意!
[ 2009/10/23 ] 長野県の旅と食 | TB(0) | CM(0)

コスパに満足! 

麗しの郷 梵さんの料理はジマンの和食。

梵料理1

Fujifilmのフジコちゃん入院中のためパナソニックで撮影したのですが
画像はほとんど手ブレやピンボケ。

他のお客さんもいる中でフラッシュ光らせたくないしねー。
やはり室内はフジコちゃんが強いね!

梵料理2

その中でまあ、ましな画像をアップしているのですが
料理の美味しさにすっかり魅了され、メインの岩魚と信州牛を撮るのを忘れましたm(_ _)m

梵料理3

というわけでデザートの黒ゴマアイスクリーム。

いやー、一泊2食1万円ソコソコのお宿でこれだけ美味しい料理が食べられるなんて・・・
大満足です!

梵風呂3

お風呂は温泉ではないけれど天然水を沸かした桧風呂。
やはり木のお風呂はお湯がまろやかになっていいねー。
貸切制で家族4人で悠々入れる大きさの湯船。

夜明け前にブナママと2人でもう一度入っちゃいました。

梵風呂2

もう1つ、タイル張りの展望風呂も貸切制。
桧風呂が気に入ったためこちらには入浴しませんでしたが
朝日と景色を見ながらのお風呂も気持ちよさそうですね。

ちなみに温泉に入りたい方には乗鞍高原の入浴施設、
湯けむり館のチケットがサービスでいただけます。

湯けむり館も以前入浴したことがあり、白濁した良いお湯でしたが
今回は3連休で大混雑が予想されたので我々はパスしました。

というわけでこちらのお宿はブナパパ・ブナママ共、気に入りました!
また伺いたいですね。

癒しの郷 梵HP
長野県松本市安曇乗鞍高原

湯けむり館HP
長野県松本市安曇鈴蘭4306-6
[ 2009/10/19 ] 長野県の旅と食 | TB(0) | CM(0)

梵さんのロフトの夜 

夜9時を過ぎると子供たちは就寝時間。
ちなみにブナママも9時過ぎには寝てしまう人なので
(だから結婚して10年も子供できなかったんだよ!・・・という冗談はともかく)

少年に戻ったブナパパには夜、
男の子が家族が寝静まってからしなければならないことがあります。

女性の読者もいるのであまりおおっぴらには書けませんが、それは・・・読書です(^^;)

梵ロフト

ロフトの上の小さな明かりをつけて日本酒をちびちび飲みながら(←ここはオヤジ)
子供ができてからなかなか時間が取れない読書に耽溺。

あー、至福。

癒しの郷 梵HP
長野県松本市安曇乗鞍高原
[ 2009/10/18 ] 長野県の旅と食 | TB(0) | CM(0)

少年に戻ったオヤジ 

乗鞍高原にてブナ家一泊目のお宿、癒しの郷 梵さん

梵ロフト3

我々が宿泊した部屋はロフト付き

オヤジのブナパパも子供時代に戻って心ときめきます。
が、ハシゴを一段上るたびに足のツボが妙に刺激されるのがオヤジたるユエン(^^)

梵寝室

ロフトの上から見るこの構図は・・・ドリフターズの世界
と聞いてピン!とくるあなたはもうオヤジ世代です(^^)

梵ロフト2

ロフトの上には天窓。

寝転がって眺めながら気持ちだけ少年に戻ってみましょうか・・・

癒しの郷 梵HP
長野県松本市安曇乗鞍高原
[ 2009/10/17 ] 長野県の旅と食 | TB(0) | CM(2)

清水牧場にて 

乗鞍高原に行くルートの途中、少し寄り道すれば清水牧場に寄れることに気がついて
行ってみました。

お目当ての森のチーズは予約制なので買えなかったものの

清水牧場

飲むヨーグルトはしめじとはりたけに大好評!

清水牧場あ

こちらの牛乳は全てブラウンスイス牛を使っているとのことで

清水牧場2

やはりブラウンスイスの牛乳というのは濃厚ながらも後味スッキリでウマイ!

清水牧場3

家族中の歯型が付いていますが・・・
こちらは”バッカス”というチーズ。
硬質チーズですがミルクらしい味が残っていて美味。

ちなみに

清水牧場45

清水牧場に入っていく道は非常に案内がわかりにくいのでご注意!
ブナパパは前に来たことがあるのに今回も一度通り過ぎてしまい引き返しました(^^;)

清水牧場HP
長野県松本市奈川51
[ 2009/10/16 ] 長野県の旅と食 | TB(0) | CM(0)

紅葉がくれた季節 

さて皆様、待ちに待ったこの季節がやって参りました!

紅葉1

ブナパパの秋といえば紅葉とキノコ。
先日の体育の日を含んだ3連休は長野県・乗鞍高原へ。

直前にやってきた台風のためにだいぶ落葉してしまったそうですが
それでもこんなキレイな紅葉が拝めまして満足でした。
(上の写真の木々はシラカバが多くて紅葉というより黄葉かな)

さて今年はどれだけの紅葉を紹介できるでしょうか?

ちなみに昨年の紅葉記事まとめは→こちら

乗鞍高原HP
[ 2009/10/15 ] 長野県の旅と食 | TB(0) | CM(2)

夏の名残りのピエニュ 

フィズ

岐阜県中津川市・パンブティック ピエニュさんのフィグ

クロワッサン生地の美味しさは毎度感心します。
さらにイチジクの身が見たことないほど鮮やかな色、しかもフレッシュでウマイ!
そして真ん中のカスタードクリームが全体をまとめています。

1ケ340円ですが、食べてみる価値あり。
10月いっぱいの季節商品だそうなので今すぐピエニュに走れ!

2009_10120355.jpg

こちらはブルーベリーのジャムが乗ったデニッシュ。210円だったかな?

やはり生地がサクサクで食感・味とも絶品!
ブルーベリージャムも地元産無農薬栽培とのことで
自然な甘さで美味でした。
(こちらも10月いっぱいまでだそうです。)

うーん”ピエニュさんにハズレなし”かな。

パンブティック ピエニュHP
岐阜県中津川市千旦林六地蔵371-1
[ 2009/10/14 ] 岐阜県の旅と食 | TB(0) | CM(0)

蕎麦 つちや 

先日、豊田市の中心あたりを横切ることがありまして

つちや外観

一度訪れてみたかったお蕎麦やさん、蕎麦つちやさんへ

お店のすぐ近くに公共の元城駐車場があり、お店でその駐車券を見せれば
駐車場代が無料となります。

お昼に伺ったのですがランチメニューはないとのこと。
ただしフツーのメニューも十分コスパ高いのでランチサービスの必要はないかもね。

つちや天丼セット

天丼セット 1150円

まずはボリュームがすごい。天丼だけ、そばだけでも十分一人前ありそうです。
特にそばはこの上に中盛り(100円増し)大盛り(200円増し)とあるそうですが
いやいや、普通盛りでも女性など食べ切れるのか?

そばは風味よく・のど越しもまたよく大満足!
そしてつゆがまろやかでとがったところがなくそばの風味をより生かしています。

天丼もネタ・つゆ・揚げ具合も良く、美味しかったです。

ま、蕎麦が美味しいお店はほぼ例外なく天ぷらも美味しいよね。

というわけで満足です。御馳走様でした。

蕎麦 つちやHP
愛知県豊田市元城町2丁目8-1
[ 2009/10/11 ] 愛知県の旅と食 | TB(0) | CM(0)

シェ草間さんにて 

軽井沢で人気上昇中だというフレンチ、シェ草間さんへ

kusama

お盆休み期間中とあって他の席はかなり混み合っていました
我々は子連れなの個室を用意してもらっていました。
子連れでラッキー!と思う瞬間(^^;)

kusama2.jpg
(↑パテ・ド・カンパーニュ、ピクルス添え

見た目も美しく

kusama3
(↑エスカルゴ・ホタテ貝・茸のフリカッセ ブルゴーニュ風

お味の方も美味!

kusama5.jpg

ほぼ満席状態だというのにサービスも過不足なく良かったです。

kusama4.jpg
フランス産 鴨モモ肉のコンフィ ビストロ風

皆さんはこの骨付き肉が出てきたらどうやって食べますか?
ブナパパはもう骨の部分を手で持ってかぶりつきますね。
その方が面倒でないし、第一、より美味しく食べられます。
特に骨の周りの一番美味しいトコロ、もう歯でこそげ落として食べてしまいます。

kusama6.jpg

というわけで満足です。御馳走様でした。

シェ草間HP
軽井沢町軽井沢1265-15
[ 2009/10/09 ] 長野県の旅と食 | TB(0) | CM(0)

アマンダンリーフ 

一昨年、別荘地”旧軽井沢倶楽部”の中にある
”シャトー・ド・サンクゼール”というレストランに行った記事を書きました→こちら

いやー、しめじ、若いねー(?)

HATEb.jpg

今年はアマンダンリーフというオーガニックフレンチのお店に替っていました。
(この記事内は全て今年の写真です)

HATE3.jpg

”子連れOK”とのことでしたが
どうも他のお客さんがかなりハイソっぽい。
さすがハイソな方々なので子供が少々騒いでも見て見ぬふりをしてくれてるのがわかる。

少し小さくなって食べていると

HATE10.jpg

個室というか、ラウンジに移動させてくれました。ありがたや。

HATE6.jpg

料理は見た目も美しくお味の方もよろしいのですが、
どうもこの日のお客の人数に対して作る方が追い付いていないようで
次の一品が出てくるのにかーなーり時間がかかりました。

HATE5.jpg

我々子供連れのため料理を食べるのに時間がかかるため
急ぎ気味になることが多いですが

これはお店に申し訳ないな、と思ってであって
別に先を急いでいるわけではないので
こんなにゆったりしたペースで出てくるならアセって食べることなかった(^^;)

HATE8.jpg

食後のドリンク、アイスティーとアイスコーヒーを1つづつ注文。

最初に来たアイスティーが風味よく、渋みもなく大変美味でした。
最近紅茶が美味しいお店が増えてきたのは嬉しいことです。

ブナママと飲み合って喜んでいるとアイスコーヒー登場。

ブナパパ一口飲んでブナママに「どう?」と聞かれて思わず、

「罰ゲーム・・・」

残念!

ランチでコーヒーと紅茶が選べるのはフツーですが
こうなるとどちらが好きか、ということ以上にどちらが美味しいか?ということが大事だね、
と思ってしまいます。

ま、どちらも美味しければ問題ないのですが。

アマンダンリーフHP
[ 2009/10/05 ] 長野県の旅と食 | TB(0) | CM(2)

前菜は、忘れた頃にやって来る? 

再び夏の軽井沢の話に戻りまして

luce1.jpg

中軽井沢のイタリアン、ラ・ルーチェさん
座敷で食べられるカジュアルな雰囲気で子連れでも気兼ねなく入れます。
なんだかホッとする感じ。
(逆にハイソな雰囲気で食べたい人は他のお店へ行った方がいいかも^^;)

店内は相変わらず常連と思われるお客さんでいっぱいでした。

ランチはないのでアラカルトで注文。

luce3.jpg

バーニャカウダ 1680円

地元の契約農家から入ってくるという野菜をアンチョビ風味のソースにつけて、美味。

luce5.jpg

有機じゃがいものスープ 630円

いわゆるビシソワーズですね。じゃがいもと生クリームの出会い。

”有機とうもろこしのスープ”というメニューもあってこちらの方がオススメっぽかったですが
前日に他のお店で食べたばかりだったので。

luce6.jpg

ヤギのチーズのトマトパスタ 1417円

夏の定番。やはり美味でした。

ちなみにご主人がひとりで厨房を切り盛りしており、
注文が来た順番に料理を作っているようなので
最初の注文をした後、次の注文をする前に他のお客さんの注文が入ると
料理が出てくるまでかなり待たされることになりますし、
注文の順番を考えないと
”前菜は、忘れたころにやってくる”ということになりかねません^^

以前それで隣席のお客さん(爺さん)が怒り出してしまったことがありましたが
まあまあ、ゆったりした気持ちで食べましょうよ。

luce7.jpg

有機バジルの冷製パスタ 1942円

こちらも夏の定番。バジルがしっかり香って、ひんやりした食感もGood!

luce8.jpg

子羊のカツレツ 2940円

ちょっと奮発して食べてみました。
子羊にカツレツという食べ方は合いますねー。

というわけで今回も満足でした。
が、いつも夏にばかり訪れているので同じようなメニューで少々飽きました。
今度は別の季節に伺いたいですね。

ラ・ルーチェ紹介しているページ
長野県北佐久郡軽井沢町中軽井沢24-2
[ 2009/10/04 ] 長野県の旅と食 | TB(0) | CM(0)

嵐の前の静けさ? 

お陰様で熱はすっかり下がり、体長、じゃなかった体調も元に戻りつつあります。

ところが不思議なことに

デリカテッセン
(↑画像は軽井沢デリカテッセンのエビとホタテのゼリー寄せ、かな)

食欲が戻りません。

メタボ撃退へ喜ぶべきことなのでしょうか。
いやいや、食べる喜びを放棄したらブナパパは何のために生きてるのでしょう?

という冗談はともかくとして冷静に考えると、コレは・・・

食欲の秋・大爆発への前触れのような気がして。我ながら恐ろしい(^^;)

軽井沢デリカテッセンHP
[ 2009/10/02 ] つぶやき | TB(0) | CM(0)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。